セミナー案内実例から学ぶ広告表現研究会

実例から学ぶ広告表現研究会

『実例から学ぶ広告表現研究会』第1回 機能性表示食品の開催について

機能性表示制度が始まって早くも数ヶ月が経過しました。
 
これから、トクホ、栄養機能食品、いわゆる健康食品に機能性表示食品という新たなラインナップが加わり、より市場は活性化していくことになります。
 

一方で、広告表示に関する疑問は、どのような制度になっても消えず、企業にとっても、行政にとっても、消費者にとっても大きな問題点になっています。
 

広告表示に関しては、薬事関連法規という規制に則ったものでなければ、行政からの指導を受ける可能性があり、企業にとって広告表示はマーケティングの肝である重要なポイントであるとともに、常にリスクでもあります。
 
これらの広告表示については、座学として関連法規などを学ぶのも一つの手法としてありますが、より実戦的に使えるようになるためには、実例(ケーススタディー)から学ぶことが何より有効です。
 
法規などの抽象的なものではわからなかったことが、実例を学ぶことにより、深い理解につながり、応用的に自分のケースに置き換えることが出来るようになります。
 
薬事法規マーケティング協会では、今までの広告実例を用いた「広告実例から学ぶ広告表現 研究会」を開催いたします。
 
毎月、幾つかの広告事例を用いて、どのように広告表現をうたえば薬事関連法規に抵触しなくなるのか、売上 UPにつながる広告にすることが出来るのか、といった討論をしていきます。
 
その場でわからないことについては、講師に随時質問いただくことももちろん可能です。

 
このような場で実戦的に学ぶことによって、ただの知識ではなく、実用的に広告表示を作成するスキルのアップにつながるはずです。
 
第一弾の勉強会としては、いま注目されている機能性表示食品における広告実例を用いて、法規制などの観点から、どのような広告表現が可能なのか討論していきます。
 
機能性表示食品の広告表現について、学びたいという方は是非ご参加ください。

『実例から学ぶ広告表現研究会』第1回 機能性表示食品 概要

講師:渡邉憲和

セミナー概要

日時 終了しました
セミナー会場 東京都渋谷区神宮前2-3-18 建築家会館
費用 5,000円(税抜)
内容 機能性表示食品とは?
機能性表示食品の広告に関する法規制
広告実例研究(ファンケル、キューピーなどの事例)